Airbnb評判【トラブルはある?メリットデメリットまとめ】

訪問ありがとうございます!

当ブログ管理人のアイハナ(@ai_ha_na)です。

みなさん、民泊にどんなイメージがありますか?

民泊の代表的なサービスが、今回紹介する「Airbnb」です!

アイハナ
ホテルじゃないし、民泊っていうとなんか怖い。トラブルも多そうなイメージ。。。

今回はAirbnbについて、いままで利用した経験から評判やトラブルについて写真つきで紹介します!

Airbnbって?

Airbnbは世界中で使用できる、民泊サービスです!

世界中の物件(部屋)を、誰でも借りることができます!

どんな部屋のタイプがある?

Airbnbでは、様々な部屋のタイプがあり、自分の好きなタイプを選ぶことができます。

アイハナ
民泊というと、人の部屋に泊まるイメージがあるなぁ。ドミトリーとは違うの?

ざっくりわけると、4つのタイプに分けられます。

➀一軒家まるまる貸し切りタイプ

➁アパートやマンションの一室をまるまる借りる

③アパートやマンション・一軒家の一室を借りる

➃ドミトリータイプ

私含め共用には抵抗がある方でも、➀や➁だったら、ホテルと同じ感覚で泊まることができると思います!

Airbnb歴

私のAirbnb歴をざっと紹介します。

アイハナ
沖縄・台湾・ハンガリー・オーストリア・スロベニア・クロアチアでAirbnbを使用してみました!

台湾では共用スペース(洗濯機や冷蔵庫など)と、ベッドやシャワールームトイレなどの個人スペースがある物件に泊まりました。ほぼホテルと同じですね!

チェックインも、マックで台湾人と待ち合わせて連れて行ってもらうパターンでした。

沖縄・ハンガリー・オーストリア・スロベニア・クロアチアでは、アパートの一室を借りました。

オーストリアのグラーツでは、人の家の一部屋だけを借りました。

Airbnbを使用するメリット

ここからは、Airbnbを使用するメリットを紹介します!

安く泊まれる

Airbnbを使用するなによりのメリットは、ホテルよりも圧倒的に安いということです!

もちろん借りるタイプや部屋の大きさなどにもよります。

Airbnbは、部屋料金です。

大人数でいくほど、安く泊まることができます。

さらに、ホテルと同様、季節で価格を変動させるホストさんもいます。

冬やオフシーズンはねらい目です。

アイハナ
クロアチアのスプリットで泊まったのは、部屋料金1500円でした。

1人、700円ちょい。安すぎる!!

チェックインや手続きが簡単

これは宿泊するタイプにもよりますが、Airbnbではチェックインやチェックアウトなどの手続きが簡単なことが多いです!

対面はめんどくさいけど、対面しないチェックイン方法もあるんです!

対面しないチェックイン方法と、ホストが出迎えてくれるパターンがあります。

対面しない宿泊先を選ぶと、時間を気にしないで簡単にチェックインすることができます。

アイハナ
対面しないってどういうこと?

どうやって部屋にはいるの?

鍵のありかやオートロックの番号を、宿泊する数日前に教えてくれるパターンです。

勝手にはいり、誰とも会わずに鍵をもとの位置に返して出ていきます。

対面のチェックインも何度かありましたが、ホストと合流さえできればスムーズにいきました!(笑)

暮らすように旅ができる

これが一番Airbnbを利用するメリットだと感じています!

現地で生活している人と、同じアパートの一室に泊まることができます。

そこの土地で暮らしている人たちの暮らしを、まるまる体験することができます!

アイハナ
運が良ければ、現地の住民と交流できるかも♪

自炊ができる

Airbnbでキッチンつきの部屋を選ぶと、現地の食材を使って自炊することができます!

だいたい調理器具はそろっています。場所によっては、調味料もあります。

沖縄の市場で、刺身を買ったり地元の食材で夜ごはん。

これはウィーンでの夜ご飯。

キーマカレー、お米がないのでニョッキで代用。

揚げ物はさすがに油の処理はできないのでスーパーの惣菜コーナーを活用しました!

海外だとごはんが合わないから無理という人もいますが、作れば日本とだいたい同じ!

醤油だけは日本から持っていきました!

アイハナ
長期旅行なら、毎日外食すると財布が泣きますね。

Airbnbは宿泊代も食事代も安くなりますよ~!

いろんなインテリアの部屋に泊まれる

これはオーストリアグラーツで泊まった、オーストリア人の家の一室。

いろんな国からゲストを迎えているようで、とても親切でした♪

台湾では北欧風のお部屋に泊まりました!

Airbnbを使用するデメリット

ここからはAirbnbを使用するデメリットについて紹介します。

メリットもあれば、やっかいなこともあります。

ホストとのトラブル

Airbnbは、ホテルと違って貸主との契約になるので、悪いホストを選ぶと大変です。

ただ、ホストの人柄などは事前にレビューで確認することができます!!

なので低いレビューやレビューの少ない物件は要注意です。

心配な人は、スーパーホストを選べば基本的に大丈夫だと思います!

自分で住所の場所を探す

これがなかなかきつい!(笑)

もちろん日本はだいたい問題ないと思いますが、海外は本当に大変でした。

オーストリアに行ったときは、与えられた住所のどの部分が建物の名前なのか、通りの名前なのか全然わからなくて。。。

建物はわかったけれど、指定された部屋がどこの部屋かわからないのもありました!

その時は201なのになぜか4階にありました!( ゚Д゚)

海外で利用するなら最低限の英語が必要

海外でAirbnbを利用するときは、英語がある程度理解できないと大変かもしれません。

ホストとの事前のやりとりは、ネットの英会話フレーズをそのまま入力すればいいと思います。

問題は鍵の位置や開け方、ルールの説明やトラブルが起きたときの対処です。

さきほどチェックインが簡単といいましたが、それは(ある程度英語を正しく理解し鍵の位置などを理解できれば)とても簡単という意味です。

私たちもそこまで英語はできません。なので苦労しました(笑)

鍵の位置やオートロックの解除方法などにかなり時間を割かれました。

アイハナ
第1ステージで建物を特定した後は、部屋を開けるという第2ステージが待っている感じです。

特にヨーロッパだと歴史ある物件が多く、鍵の回し方が意味不明の建物が多いです。

鍵がドアノブ付近にあると思っていたら、まさかの外の足踏みマットの下にあったこともあります。

海外だと日本では想定していないことも起こります。

たとえばシャワー中水で床が浸水したり、お湯を1分出すと水になるなど(笑)

トラブルの時にも英語が最低限使えないと、ホテルではないので困るかもしれません( ;∀;)

Airbnbのまとめ

いかがだったでしょうか?

Airbnbには、メリットもデメリットもあります。しかし、個人的にはとてもおすすめです!!

旅にはトラブルもつきもの、少しのトラブルくらいなら楽しめる!くらいの人は、まずは日本国内からチェレンジしてみるのがいいと思います!!

節約したい人やホテルではなく現地の暮らしを体験してみたい人には、一度でいいので利用してみることおすすめします!