海遊館の観光情報【誰でも楽しめる世界最大級の水族館!】

大阪には道頓堀やユニバーサルスタジオジャパンなど観光スポットがたくさんありますよね。

今回紹介する海遊館も大阪旅行には、はずせない観光スポットです!

子供から大人までだれでも楽しめる海遊館のみどころや観光情報を、展示エリアごと癒される写真付きで紹介します!!

海遊館とは

海遊館 観光

海遊館は、大阪府大阪市にある世界最大級の水族館です!

ユニバーサルスタジオジャパンから近いので、セットで観光するのがおすすめです。

海遊館は、同じエリアに観覧車のある天保山マーケットプレイスもあります。

アイハナ
雨の日でも一日楽しめる観光スポットです♪

海遊館へのアクセス方法

海遊館へ行くのにおすすめのアクセス方法は、キャプテンラインです!

ユニバーサルスタジオから徒歩5分の場所にある船乗り場から、海遊館まで10分でつないでいます。

そのアクセスの良さもおすすめですが、キャプテンラインがおすすめな一番の理由はお得な割引セットチケットがあるからです!

詳しくはこちらの海遊館のページにセットチケットの情報がでているので確認してみてください(#^^#)

私たちが利用したのは、船往復と海遊館とのペアチケットで3600円(海遊館の入場料は2400円)のもの。

海風にふかれること10分、海遊館に到着です!!

海遊館のエリア別みどころ

ではさっそく、2019年1月に海遊館を観光したときのことを写真付きで紹介します(#^^#)

海遊館は2回目の訪問です。

小学校の時以来に来ましたが、今回は外国人観光客が結構いました。

海遊館にはいろんな魚や動物がいますが、見ている人が旅をしているかのように展示されています。

なので子供ももちろんですが、大人でもとっても楽しむことができます!

それではさっそく、海遊館にいるさまざまな生き物を写真付きで紹介します。

日本の森エリア

海遊館の展示スペースは、エリアごとに分かれています。

アクアゲートを越えるとまずは日本の森エリア。

日本の森エリアには、かわいいコツメカワウソやゴイサギ、サワガニなどがいます!

元気なコツメカワウソは、活発に動いていてとても可愛かったです♪

アリューシャン列島エリア

日本の森エリアを抜けると、お次はアリューシャン列島。

アリューシャン列島は、アラスカとカムチャッカ半島の間らへんの寒いとこ。

冬の黒っぽいエトピリカ

エトピリカは、北方領土のイメージキャラクターにもなっていますよね。

夏には顔らへんが白くなるらしいです。それも見たい!

モンタレー湾エリア

モンタレー湾にはカリフォルニアアシカや、みんな大好きゴマフアザラシがいます!

ゴマフアザラシといえば、赤ちゃんの白くてふわっふわなイメージがありますよね。(*´ω`*)

赤ちゃんの時もかわいいですが、大きくなったこのでっぷり感もたまりませんね。

パナマ湾エリア

アザラシさんで癒された次は、パナマ湾エリア。

かわいいアカハナグマがいました。

パナマ湾といえばざっくり中南米あたりですね。

結構動き回ってたので見てて飽きません。水族館なのに、動物園にいるみたいです。

エクアドル熱帯雨林エリア

エクアドル熱帯雨林エリアには、世界最大級の淡水魚ピラルクがいました。

他にも、カピバラやピラニアなどを見ることができますよ。

南極大陸エリア

南極エリアといえば、お待たせしました人気者のペンギン!

見てて飽きない、かわいいペンギンに癒されました。

太平洋エリアのジンベイザメ

続くタスマン海とグレートバリアリーフエリアでは、写真を撮り忘れました。

イルカやナンヨウハギなどがいました。

そして太平洋エリアでは、海遊館の一番の見どころと言っても過言ではないジンベイザメの登場です!

アイハナ
やっぱり大きい!!

他にもエイやいろんな魚が泳いでいます。

海遊館は上の階から降りていくような構造になっているので、いろんな角度から魚たちを観察することができます!!

チリの岩礁地帯エリア

続くチリの岩礁地帯エリアでは、カタクチイワシとマイワシの群れ!!きれい。

ほかにも常設展示エリアにはマンボウがいたり、みどころがたくさんあります。

のんびり回れば、天保山マーケットプレイスも含めて1日観光できます。

太平洋エリアにはイスがあるので、のんびり魚を観察するのも楽しいです♪

クラゲ銀河

くらげ銀河エリアには、暗く宇宙のような空間設計がなされています。

アカクラゲやミズクラゲを見ることができます!

小さい水槽には熱帯魚もいました。

海遊館には常設展示のほかに、新体感エリアもあります。

もっと近くで魚や動物を観察することができますよ♪

最後に新体感エリアを紹介します。

北極圏エリアのワモンアザラシ

北極圏エリアにはなんともかわいいワモンアザラシの姿が!

なんとこんなに近くで見ることができるんですよ!!

氷をシャクシャクしてました。

体験水槽でサメやエイを触る

海遊館の魅力のひとつでもあるのが、この国内最大級の室内ふれあい水槽!

写真はないんですが、イヌザメやホシエイ・ヒョウモンオトメエイなどに実際に素手で触ることができます!

はじめて触りましたがサメはざらざら、エイはヌメヌメ。

アイハナ
サメやエイを触れる機会なんて日常生活でありえないので大興奮です!

海遊館は子供だけでなく、大人でも十分楽しむことができる観光スポットですね。

海遊館でおみやげを買おう

水族館や動物園で最後に行くのは、おみやげショップですよね!

私たちは一目ぼれしたエイさんのキーホルダーを購入。

かわいすぎて、なにかにつけると落としたら大変なので一緒に寝てます(笑)

おみやげを買ったら、天保山マーケットプレイスでたこやきを買って帰りました。

海遊館観光まとめ

いかがだったでしょうか?海遊館は子供から大人まで、だれでも楽しめる観光スポットです!

ユニバーサルスタジオジャパンや大阪に遊びに来たら、ぜひセットで訪れてみてくださいね。