モナコの観光スポット6選【ニースから日帰り旅】

モナコといえばF1グランプリやカジノ、お金持ちというイメージがありますよね。

南フランスを旅行する時は、国境をこえるとはいえ、簡単にアクセスできるので立ち寄る方も多い観光スポットです。

南フランスなどのツアー旅行でも、日程に含まれている場合が多くあります。

今回はニースから日帰り旅行にちょうど良い、モナコの観光情報を紹介します!

モナコはどんな国?

モナコは、バチカンに次ぐ世界で2番目に小さい国です。

数多くのセレブが住むリゾート地で、F1やカジノが有名です!!

モナコの地図はこちら。

モナコへの行き方

モナコには空港がないので、隣国フランスからのアクセスになると思います。

フランスとモナコの国境付近に位置するのが、ニース。

ニースからモナコにはいくつか行き方があります。

アイハナ
なんと、ヘリコプターでも行けるそうです( ゚Д゚)さすがモナコ!!

今回は、バスと電車でのアクセス方法を簡単に紹介します!

バスの場合、ニース中心部からモナコまで所要時間約50分ほどで到着です。

電車の場合、ニースの駅から所要時間25分でモナコに到着です!

モナコの観光スポット6選

ここからはモナコの観光スポットを6つ、写真つきで紹介します!!

モナコ・ヴィル地区

モナコ・ヴィル地区は、モナコの旧市街にあたるエリアになります。

観光客が多く、レストランやお土産店が多いエリアです。

12月の夕暮れ時に訪ねましたが店がほぼ閉まり始めていたので、また違ったモナコの一面を見ることができました(笑)

はやめの時間に行くのがおすすめです。

大公宮殿

モナコの中心部に位置するのは、かつてグレースケリー皇太子妃が住んでいた大公宮殿です。

大公宮殿前の広場では、衛兵交代式が行われるそうです!

4月から10月は内部も見学できるそうですよ~。

結構寒かったので、次回は4月から10月に行きたいです。

夕方からライトアップがされていて美しかったです!

モナコ大聖堂

モナコ大聖堂は、1875年に建てられた教会です。

先ほど紹介した大公宮殿からすぐの場所にあります。

教会内部はこんな感じです!無料ではいることができました。

モナコ公室の行事に使われることもあるそうです。

グレース公妃の結婚式も行われた場所です!

教会内部には、グレース公妃のお墓もあります。

カジノ・ド・モンテカルロ

モナコといえばカジノかF1というイメージがあります。

モンテカルロ中心部にある豪華な建物が、カジノ・ド・モンテカルロです!

写真を撮影するのを忘れてしまいましたが、入り口部分は無料で見学することができましたよ!!

モナコ旧港

モナコ旧港は、先ほど紹介した大公宮殿のある広場から見下ろすことができます。

多くのクルーズ船や豪華ヨットが停泊しています。

モナコの夜景

モナコといえば、世界新三大夜景で有名ですよね。

高台からモナコ港をうつしたら、少し画質が悪いですがこんな感じでした。

観光オフシーズンだったので、ハイシーズンに行けば、もっと煌びやかなモナコを満喫できるかもしれません!

モナコでディナー

モナコでは夕暮れ時から観光したので、旧市街エリアで夕食をとることにしました!

他の国の観光地と比べると、モナコ旧市街は驚くほど夜は閑散としていました( ゚Д゚)

レストランが数軒しか開いていませんでした。

モナコでは、ヤギのチーズを使ったサラダなどをいただきました。

さらにはポークとラタトゥイユ。

外が寒すぎたので、心身ともに回復しました(*´▽`*)

食事を終えたらお隣フランス、ニースのホテルに戻りました♪

モナコ観光のまとめ

いかがだったでしょうか?フランスのニースからすぐなので、南フランスを観光するときはついでにモナコまで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

モナコとニースの中間に位置する、日帰り可能な観光地エズ村の旅行記はこちら↓↓

おすすめ記事

日本人にも大人気のフランスの絶景観光地、エズ村。 今回はエズ村に実際に行ってみてわかった、みどころや観光情報を写真付きで紹介しています! エズ村とは? 南フランスのコートダジュールに位置するのが、今回紹介するエズ村。 人気観光地ニースと[…]