本ページにはプロモーションが含まれています

トロギールの観光スポット6選【クロアチアの世界遺産】

トロギール

ここ数年日本人旅行者の間でも人気の国クロアチア。

しかし日本人にとってクロアチアはマイナーな観光地なため、旅行情報がまだまだ少ないですよね。

この記事はツアーでトロギールに行く方にも、個人で行く方もどちらにもおすすめの記事になっています!

アイハナ
2度にわたり訪れたクロアチアの世界遺産、古都トロギールの魅力的な観光スポットやグルメ情報を紹介します!

トロギールとは?

トロギール 観光

トロギールは、クロアチアのスプリット西25kmに位置する港町です。

クロアチアにあるトロギールの地図はこちら。

トロギールの歴史のはじまりは、なんと紀元前3世紀までさかのぼります。

古代ギリシャの植民地として古代ローマ時代まで、トロギールは港として発展していきました。

トロギールへのアクセス方法

トロギール 観光
世界遺産の街、トロギールへの行き方を紹介します。

個人旅行であればスプリットからアクセスする方が多いと思います。

スプリットからトロギールへは、バスでアクセスすることができます。

私たちはスプリットのバスターミナルから各バス停に停車していくタイプのローカルバスに乗りました。

途中スプリット空港などのバス亭に停車しながら1時間ほどでトロギールに到着しました!

料金は片道21Kn(350円ほど)でした。

アイハナ
ローカルバスで行く場合は、スプリットの旧市街ではなく新市街のバスターミナルからバスが出ているので注意してください。
「自分でローカルバスに乗れるか心配」という方には、スプリットから出発する現地ツアーを利用するのがおすすめです。
あらかじめ現地ツアーに申し込むことで、待ち合わせ場所に行くだけで手軽にトロギールを訪れることができます。

スプリットについてはこちらのブログ記事で観光情報を紹介しています↓

関連記事

クロアチアの世界遺産のひとつである、スプリットを知っていますか? フランスやイタリアなどの世界遺産と比べると、まだ知名度が低く観光情報も少ないですよね。 今回は2017年と2019年にスプリット観光をした管理人が、おすすめスポッ[…]

スプリット

ザグレブから長距離バスに乗る場合、所要時間は5~6時間です。

トロギール観光のおすすめスポット6選

トロギール 観光

今回は2017年と2019年のクロアチア旅行で訪れたトロギールの観光スポット6つとトロギールのグルメ情報を紹介していきます!

トロギールの旧市街はとてもコンパクトにまとまっているので、食事を含めて3時間あればまわることができますよ。

アイハナ
スプリットからの日帰り旅行先にぴったりです♪

ちなみにトロギールにホテルをとるよりも、フヴァル島などにアクセス可能なスプリットにホテルをとる方が便利なのでおすすめです。

トロギールの旧市街

トロギールの旧市街は、クロアチア本土とチオヴォ島の間の島にあるためアドリア海がすぐそばにあります。

アイハナ
バスステーションのすぐ近くにかかっている橋を渡ると、旧市街の入口があります。

トロギールは小さな路地がたくさんある石畳のかわいい旧市街で、古都トロギールは世界遺産に登録されています。

なにげない場所でも写真映えします。

トロギール 観光

石畳の細い道が迷路のようになっています。

トロギールの旧市街にはおいしいシーフードレストランや、お土産屋さんがたくさんあります♪

ここからは、トロギール旧市街にある観光スポットを紹介します!

聖ロヴロ大聖堂

トロギールのシンボルともいえるのが、「聖ロヴロ大聖堂」です。

印象的な彫刻と鐘楼が特徴で多くの観光客が写真を撮っていました!

トロギール 観光

鐘楼に登る階段は結構急なので、上まで登る方は足元に気を付けてくださいね。

聖ロヴロ大聖堂の急な階段を登らなくても、トロギールには見晴らしの良い観光スポットがあるのでそちらも紹介します。

カメルレンゴの砦

トロギール 観光

トロギールの絶景スポットこちら、「カメルレンゴの砦」です。

旧市街の門をでて海沿いを歩き、プロムナードの端の方にあります。

こちらは全然人がいなかったので、ほとんど貸し切り状態でした!

アイハナ
25Kn(420円ほど)で入場することができました。

トロギール 観光

上は展望台になっていて足場は良いとは言えませんが、階段もそれほど急ではなく体力に自信がない方でも大丈夫です。

アイハナ
カメルレンゴの砦の上から見たアドリア海側の景色がこちらです!

トロギール 観光

奥に見えるのは対岸のチオヴォ島です。

オレンジ色の旧市街とアドリア海を同時に楽しむことができます!

また振り返るとトロギールの市街地側を見渡すことができます。

トロギール 観光

アイハナ
カルスト地形とオレンジ色の屋根が絵になります。

1度目は夕暮れ、2度目は午前中に行きました。

夕暮れ時のほうが写真映えするのでおすすめです。

プロムナード

続いて紹介するトロギールの観光スポットは、「プロムナード」です。

トロギールの旧市街

トロギール旧市街の南門をでてすぐなので、迷うことはありません。

周辺の島への日帰りツアーのフェリーやボートはここからでていました。

スプリットのプロムナードより観光地として洗練されている感じがしたので、カフェにはいったりゆっくり散策してみてください。

写真の奥に見えているグレーの屋根の建物は、ドミニコ会修道院です。

聖ニコラ修道院

トロギール 観光

南の門からはいり、少し歩いたところにあるのが「聖ニコラ修道院」です。

オレンジ色のとんがった屋根が、聖ニコラ修道院の目印になります。

聖ニコラ修道院は、5~6世紀頃に建てられたといわれているベネディクト会の修道院だそうです。

どこを切り取っても素敵な街並みが広がっています。

イヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場

最後に紹介するのは、聖ロヴロ大聖堂のある「イヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場」です。

イヴァン・パヴァオ・ドゥルギ広場

トロギール旧市街のメイン広場になります。

建物の中には、戦争で亡くなった方の写真などが展示されていました。

外が暑かったので時計塔の中で野良犬が昼寝をしていて癒されました♪

トロギールおすすめグルメ

トロギール 観光

トロギールでおすすめのグルメはアドリア海の新鮮なシーフードです。

今回はトロギール旧市街にあるレストランでムール貝を使用したシーフードスパゲティと、イカのグリルを注文しました!

シーフードスパゲティは、アドリア海をそのまま食べてるような味♪

クロアチアのガイドブックには、必ず載っているアドリア海のイカのグリル。

これがまた絶品♪付け合わせは謎の黄色い何か。

帰国後に調べたところ、とうもろこしを潰して作る地元クロアチアの定番料理らしいです!

これはパサパサで正直微妙でおいしいとは言えない味でした。

世界遺産の旧市街なので、ひと皿1500円くらいしました。

アイハナ
クロアチアは周辺国と比べて物価が高く、観光地に行くほど高くなります!

全部で203Kn(3400円ほど)でした。

トロギールは観光地なので、旧市街のレストランには英語表記のメニューがある場所が多かったです。

トロギールの観光スポットまとめ

いかがだったでしょうか?アドリア海とオレンジ色の屋根のトロギールの旧市街は、どこを切り取っても絶景で街歩きだけでも楽しめるので本当におすすめです♪

古都トロギールはスプリットからのアクセスも良いので、クロアチアを訪れた際はぜひ訪れてみてください。

こちらのブログ記事ではクロアチアの訪れるべき観光スポットまとめて紹介しています!

おすすめ記事

近年海外旅行の団体ツアーでも人気の旅行先となってきているクロアチア。 美しいアドリア海とカルスト地形の大自然に加えて、歴史の残る街並みや世界遺産の観光スポットが多いことが魅力のひとつです。 今回は2017年と2019年に実際に旅[…]

ザグレブの旧市街