西表島の端っこ南風見田(はいみだ)の浜に行ってみた!【駐車場はある?海水浴は可能?】

アイハナ

訪問ありがとうございます!

当ブログ管理人のアイハナ(@ai_ha_na)です♪

2022年4月に、沖縄県八重山諸島の西表島をドライブで周ってきました!

今回は西表島の「南風見田(はいみだ)の浜」のスポット情報を紹介していきます。

南風見田(はいみだ)の浜とは?

南風見田の浜

南風見田の浜は、西表島の道路の南端にある2kmのビーチです。

西表島の端っこにあるので秘境感を感じることができます!

天気がよければ南風見田の浜から日本最南端の波照間島が見えます。

南風見田の浜にはのちほど紹介する史跡「忘勿石」があり、悲しい歴史を後世に伝えています。

南風見田の浜は遠浅で波も穏やかですが、海水浴場として整備されてはいません。

アイハナ
のんびりとただ景色を眺めるのもすごく良いですよ♪

南風見田(はいみだ)の浜への行き方

南風見田の浜

南風見田の浜は、西表島の道路南側の終点にあります。

アクセス方法はレンタカーがおすすめです。

大原港から約15分ほどで到着になります。

〒907-1542  沖縄県八重山郡竹富町西表島

南風見田の浜の地図はこちら。

南風見田(はいみだ)の浜に行ってみた!

南風見田の浜

2022年4月に、レンタカーを借りて西表島の端から端まで行ってみました。

そのときに訪問したのが、今回紹介する南風見田の浜です。

ここからは南風見田の浜の駐車場情報や海水浴・忘勿石についてなどスポット情報を紹介していきます。

駐車場はある?

南風見田の浜は、2kmも続くビーチになっています。

日本最南端のキャンプ場を通り過ぎたところに、「1965ヤマネコ発見の地」の記念碑があり、その前に2台ほど駐車可能なスペースがありました。

「1965ヤマネコ発見の地」は、国の特別天然記念物かつ環境省のレッドリスト絶滅危惧種IA類に指定されているイリオモテヤマネコがはじめて発見された場所だそうです!

ヤマネコ発見の地

ここから南風見田の浜に行くには、イノシシの防護柵をあけていきます。(ちゃんと閉めましょう)

南風見田の浜

また、南風見田の浜の東側にある忘勿石の上側にあたる場所には結構広い駐車場がありました!

南風見田の浜の駐車場

わたしたちはまず最初にレンタカーで道路の端まで行き南風見田の浜に行きました。

その後、レンタカーで忘勿石の駐車場まで行き再度南風見田の浜におりてみました!

南風見田の浜で海水浴は可能?

南風見田の浜は、遠浅で波も穏やかなビーチですが、海水浴場として整備されているわけではありません。

そのため海水浴をする場合は自己責任になります。

上記の理由で遊泳期間や時間などは定まっていません。

周辺にお店や自動販売機はなかったので、行く前に必要なものは購入しておきましょう。

南風見田の浜は、自然のビーチなのでトイレやシャワーなどの施設もありませんでした!

南風見田の浜の裏側はすぐ山になっています。

南風見田の浜

こんかいは海にははいらず、のんびり海をながめるだけにしましたがそれでもかなりリフレッシュできました♪

忘勿石(わすれないし)

南風見田の浜の東側には、悲しい歴史を刻んだ「忘勿石(わすれないし)」があります。

忘勿石

駐車場から木の階段を下っていくと、忘勿石にたどりつきます。

ジャングルのように木々が生い茂っていました。

南風見田の浜

忘勿石は下記のような悲しい歴史があり、以降毎年慰霊祭が行われているそうです。

第2次世界大戦末期、波照間の全島民が軍の命令により南風見田に強制的に疎開させられた場所です。
当時一帯は伝染病マラリヤの汚染地帯でした。
そしてほぼ全員が疾患し、島民の3分の1が命を落としたということです。
波照間国民学校の校長であった識名信升氏によって国民学校の青空教室として入学式と授業が行われた場所です。
疎開地でも教育を続けようとした試みに対し、強制疎開の命令者山下軍曹はそれを中止させました。
間もなくマラリヤの伝染が始まり、子供達も多くがその命を落としました。
この10文字は、識名校長が、自らの直訴により疎開を解除し、島に帰る際にひっそりと刻んだものです。
識名校長は石原ゼミの調査の際、この場所で勉強した生徒から死者が出たことに対する追悼と、
強制疎開により死者が出たという事実を決して忘れてはならないという思いから、
「波照間住民よ、この石を忘れるなかれ」という意味を込め帰島前に刻んたものだと答えています。

引用元:西表観光株式会社西表観光情報-忘勿石 – いりおもて観光株式会社 (iriomote-kanko.jp)

天然記念物のオカヤドカリ探し

南風見田の浜には、ヤドカリがたくさん生息していました。

西表島の砂浜にいるオカヤドカリは、国の天然記念物に指定されていて、絶滅危惧種でもあります。

ここ南風見田の浜にも生息しているので、じっくり観察してみるのも面白いですよ♪

南風見田の浜まとめ

西表島の端にある南風見田の浜の観光スポット情報を紹介しました!

南風見田の浜では天然記念物のオカヤドカリを観察したり、のんびり景色を眺めて過ごしました。

西表島の端なので、とても秘境感がありリフレッシュできましたよ。

みなさんもぜひ行ってみてくださいね。