甲府五山を巡ってみた【武田信玄生誕500年】

令和3年11月3日に、武田信玄生誕500年をむかえます。

そこで今回は武田信玄にゆかりのあるスポット「 甲府五山 」を巡ってみました!

甲府五山のお寺とアクセス方法を紹介していきます。

甲府五山とは?

甲府五山

甲府五山とは、甲府市内に位置する5つの寺院。

臨済宗を拠り所とした武田信玄が、甲府に五山制度を制定したそうです。

鎌倉や京都の五山制度にならったといわれています。

甲府五山は、武田信玄にゆかりのある場所です!

アイハナ
歴史好きな方はぜひまわってみてくださいね。

甲府五山では、一般的な五山制度のような格付け順位はないようです。

また甲府五山は、甲斐国三十三観音霊場として日本の巡礼霊場にもなっているようです。

甲府五山を巡る

甲府五山

実際にレンタサイクルで甲府五山を巡ってみました!

甲府駅周辺で、地図をいただきとても助かりました。

甲府五山巡りのモデルコースとしては、法泉寺→円光院→東光寺→能成寺→長禅寺がおすすめコースです。

甲府五山といえど、自分たち以外に人がおらず、とても静寂な雰囲気がありました。

甲府五山のなかには御朱印がもらえるお寺もあるとは思いますが、あまりにも静かだったため今回は御朱印をいただくのではなく、お寺を静かに散策しました。

東光寺

甲府五山

東光寺は、甲斐善光寺の周辺にある甲府五山のお寺です。

蘭渓道隆が再興し、武田信玄により保護されたお寺だそうです。

武田信玄の長男のお墓があります。

信玄公の長男は東光寺にて幽閉され、命を絶ったそうです。

東光寺へのアクセスは、JR身延線善光寺駅から徒歩10分です。

甲斐善光寺とあわせて観光することをおすすめします。

能成寺

甲府五山

鎌倉五山のひとつである能成寺。

武田信玄の父、信虎の曽祖父の菩提寺だそうです。

もともと能成寺は現在の笛吹市にありましたが、甲府城を築く際に甲府に移ったとされています。

能成寺の境内には、松尾芭蕉の句碑などがあります。

甲府五山、能成寺へのアクセスはJR身延線金手駅から徒歩10分です。

長禅寺

甲府五山

鎌倉五山のひとつである、長禅寺。

長禅寺は、武田信玄の母の菩提寺です。

長禅寺の僧侶、岐秀元伯は武田信玄の学問の師だそうです。

信玄公の人間形成にも大きな影響を与えたといわれています。

甲府五山のなかでも、長禅寺が最も立派だと思いました。

御朱印はいただくことができないお寺のようなので、注意してください。

甲府五山長禅寺へのアクセスは、甲府駅南口から徒歩15分です。

円光院

甲府五山

円光院は、甲府五山のひとつで信玄公の正室である、三条夫人の菩提寺となっています。

三条夫人は、信玄公より3年はやく亡くなっています。

自然豊かな展望に恵まれたつつじがさきの東にある円光院からは、アルプスがよく見えます。

円光院は、甲府市の北東に位置しています。徒歩でいくのは厳しいです。

車または電動自転車等があれば便利ですよ。

公共交通機関で円光院にアクセスする場合は、甲府駅北口からでているバスに乗り、護国神社入り口で下車、そこから徒歩12分です。

法泉寺

甲府五山のひとつである法泉寺は、南北朝時代に建てられたお寺です。

甲斐守護の武田家7代、武田信武によって建てられた法泉寺は、武田信武と武田信玄の第四子の菩提寺です。

甲府五山、法泉寺へのアクセスは甲府駅南口からバスで10分ほど。

塩部で下車、そこから徒歩15分です。

法泉寺は他の甲府五山と少し離れています。

甲府五山まとめ

いかがだったでしょうか?甲府の観光スポットともいえる、武田信玄ゆかりの甲府五山。

武田信玄生誕500年なので、ぜひ一度足を運んでみてください!