宮城県石巻にある猫島「田代島」に行ってみた!【見どころやアクセス方法を紹介】

アイハナ

こんにちは!

当ブログ管理人のアイハナ(@ai_ha_na)です♪

2022年8月に、宮城県石巻市の中心部から船でいける猫島「田代島」に行ってきました。

猫がたくさんいる田代島の見どころを写真つきで紹介します!

宮城県の猫島「田代島」とは?

田代島の猫

今回紹介する猫島「田代島」は、宮城県石巻市の中心部から約17㎞のところに位置しています。

人口が43人ほどの小さな島で、漁業や観光業が主な産業になっています。

田代島には「大泊港」「仁斗田港」の2つの港があり、どちらからでも島内を散策することができます。

田代島へのアクセス方法

仁斗田港

猫島「田代島」に行くには、まずは石巻にある石巻中央発着所または門脇発着所から離島航路「網地島ライン」の運行するフェリーに乗ります。

今回私たちは夏に行ったので、夏ダイヤで1日3本田代島へ行くフェリーがでていました。

石巻中央発着所から田代島までの船の所要時間は、約1時間ほどでした!

仙台方面や気仙沼方面から田代島への詳しいアクセス方法は別記事にて紹介します。

宮城県石巻の猫島「田代島」に行ってみた!

仁斗田港

2022年8月にずっと気になっていた宮城県石巻市の猫島「田代島」に行ってきました。

先述の通り、田代島には「大泊港」と「仁斗田港」の2つの港があり、どちらからでも島の散策を楽しむことができます。

事前情報によると仁斗田港の方が猫の数が多いということで、今回は仁斗田港から散策をはじめ、戻ってくるルートにしました。

田代島散策マップ

猫島「田代島」の簡単な散策マップを書いてみました!

日帰りの方が多いと思うので、徒歩で散策できるスポットを記載してあります。

うすい線で描かれているのが道です。

私を含め一緒に船に乗っていたほとんどの方が徒歩で移動していました。

田代島の中心部ともいえる「猫神社」や「島のえき」がある場所は高台になっていて、上り坂が続くので水分を用意した方がいいです。

田代島の観光所要時間

私たちは13時30分に仁斗田港に着き、15時30分の船で帰りました。

所要時間2時間ほどで回りましたが、もう少し余裕をもって観光できればよかったと思います。

今回の田代島散策は以下のルートで行ってみました。

仁斗田港→猫神社→田代島にゃんこ共和国島のえき→仁斗田港

本当はマンガアイランドにも行ってみたかったのですが、時間が足りなかったので諦めました。

田代島の所要時間については、結論を言うと「2時間でも楽しめたけれど、半日あればもっと楽しめた」と思います!

石巻からの船の時間を考えつつ、うまく計画をたてると良いと思います♪

田代島の観光スポット

ここからは、猫島「田代島」の見どころとなる観光スポットを写真つきで紹介していきます。

水を飲む猫

田代島のねこ

仁斗田港で船を降りると、ちらほらと猫が歩いていました!

ネコが多い、少ないと書かれた看板もありました。島のえきの方面に行く道に多いようです。

ネコ看板

最初は思ったよりも少ないかな?と思いましたが、島のえきの方面に歩いていくとかわいい猫がそこら辺にいました。

田代島では、猫に関するルールがいくつかあるので気を付けましょう。

  • マタタビの使用禁止
  • 猫じゃらしの使用禁止
  • 猫のおやつなどのえさやり禁止
  • 道路上の座り込み・撮影禁止

特に道路はそこまで広くないので、島内に住む方の交通の妨げにならないように注意してください。

田代島の猫

田代島の猫はすごく人懐っこいという感じではありませんでしたが、人に慣れているようです。

猫神社

大泊港・仁斗田港どちらから散策しても、集落を抜け猫神社の方へ向かうには山(坂道)にはいります。

緑がたくさんでお散歩には最適ですが、結構きつかったです。

道中はお店や自販機などがほとんどなかったと記憶しているので、事前に水分を買っておきましょう。

仁斗田港から山道を通り、島のえきを通りすぎたところに猫神社があります。(仁斗田港から徒歩25分ほど)

猫神社は通称のようで、正式には美與利大明神というようです。

猫神社

猫神社にあった説明書きによると、田代島では昔から猫と漁業が結びついていたそうで、「猫を大事にすると大漁になる」といういわれがあったそうです。現在でも漁業が盛んで港周辺に漁師さんの姿がありました。

ここ猫神社では、猫を祀っていて観光客も多く訪れます。

境内にはいろいろな猫の置物がおいてありました。

猫神社

事前の口コミではとても人懐っこい黒い猫がいるということでしたが、今回訪問したときは猫神社の境内には猫が一匹もいませんでした。

田代島にゃんこ共和国島のえき

田代島にゃんこ共和国島のえきは、田代島の小学校跡地にある休憩所です。

先ほど紹介した猫神社から200mほどの場所にあり、島の高台に位置しています。

田代島にゃんこ共和国島のえき

↑写真をよく見るとたくさんの猫がいます!

アイハナ
島のえきの敷地内には猫がたくさんいて、日向ぼっこをしていました。(田代島で一番多くの猫がいました)

島のえきでは持ち込んだ食べ物を食べることもできますし、トイレもあるので休憩にもちょうどよいです。

外のテラス席部分には、至る所に猫がいてパラダイスでした!

島のえきのねこ

また、島のえきではにゃんこカレーや塩うにおむすび・牡蠣の潮汁などの軽食やビールなどのドリンクをいただくことができます。

名物は季節限定の塩うにおむすびと牡蠣の潮汁のセットです。

今回は牡蠣潮汁ではなく味噌汁で550円でした。

塩うにおむすび

食器もねこちゃんでかわいいです♡

アイハナ
塩うにおむすびは今思い出してもすごくおいしかったです!

今回は夏だったので、かき氷もありました。マンゴーかき氷(300円)をいただきました♪

かき氷

ひんやり冷たくて体力が回復しました。

食べていたら目の前の窓のすぐそばに猫ちゃんが来ました!

島の駅のねこ

アイハナ
最高の景色ですね!!

店内には田代島の猫グッズも販売されていましたよ。

おでん缶やサイダー、田代島にゃんこ共和国入国証マグネットなどオリジナルグッズも見られました。

島のえきのグッズ

お腹が満たされたところでもう一度猫とふれあって、仁斗田港に戻りました。

田代島の感想

今回ずっと行きたかった東北随一の猫島「田代島」に行くことができてとてもうれしかったです♪

仁斗田港で船から降りて歩いていた時は、「思ったほど猫がいない・・・」と思いましたが、島のえきや猫神社がある方面へ坂を上っていくと猫がたくさんいました!

田代島の猫たちは自然の中とてものびのびと暮らしていて、とてもほっこりした気持ちになりました。

猫

また、田代島にゃんこ共和国島のえきで食べた塩うにおむすびはとてもおいしくて忘れられません。

アイハナ
今回の田代島旅行は、想像以上に時間がなくて慌ただしい滞在になってしまいました。

思ったよりも島のえきまでの道のりがくねくね坂道できつかったこともあり、徒歩移動に1時間ちかく時間がかかりました。

帰りは最終便だったので、遅れると大変なことになるので仁斗田港までダッシュで戻りました。

今回は2時間半という少ない時間しか滞在できなかったので、またいつかリベンジしたいです!

宿泊できる施設もあるので、日帰りではなく宿泊してみてもいいなと思いました。

アイハナ
次はマンガアイランドも行ってみたいです!
田代島のかわいい猫たちに癒されて、とてもリフレッシュできた旅になりました♪
島のえきにいた猫

宮城の猫島「田代島」に行ってみよう!

宮城県石巻市にある猫がたくさんいる離島「田代島」を紹介しました!今回は夏の観光ハイシーズンに行きました。

猫島ブームで知名度もあがってきているので、混雑しているかな?と思いましたが、そこまで観光客も多くなくのびのびと暮らす田代島の猫を観察できました。

石巻の発着所から船で1時間ほどでアクセスできるので、猫が好きな方はぜひ田代島に行ってみてくださいね♪