榴岡天満宮の見どころや御朱印情報(期間限定御朱印・授与所・初穂料)を紹介!

アイハナ

訪問ありがとうございます!

当ブログ管理人のアイハナ(@ai_ha_na)です♪

2022年8月に宮城県仙台市にある榴岡天満宮(つつじがおかてんまんぐう)に行ってきました!

今回は榴岡天満宮の見どころや御朱印を紹介します。

榴岡天満宮(つつじがおかてんまんぐう)とは?

榴岡天満宮

今回紹介する榴岡天満宮(つつじがおかてんまんぐう)は、宮城県仙台市にあります。

榴岡天満宮のご祭神は、学問の神様として有名な菅原道真公です。

アイハナ
榴岡天満宮は「杜の都の天神様」といわれ、人々に親しまれています。
1876年には明治天皇が御参拝されたことも有名です。

榴岡天満宮へのアクセス方法

榴岡天満宮のアクセス方法は、電車+徒歩のアクセスが便利です。

  1. 仙台駅から徒歩で15分
  2. 仙石線榴ヶ岡駅から徒歩3分
  3. 地下鉄東西線宮城野通駅から徒歩10分
アイハナ
今回はお天気が良かったので、仙台駅の東口から歩いて行ってみました!

榴岡天満宮には参拝者用の無料駐車場があります。

榴岡天満宮の地図はこちらです。

榴岡天満宮の見どころ

まずは榴岡天満宮の見どころを簡単に紹介していきます!

最後に御朱印情報をまとめています。

狛犬と鳥居

境内南側から榴岡天満宮へ参拝する方は、まず最初に大きな狛犬が目に入ると思います。

榴岡天満宮の狛犬

狛犬の奥には鳥居があり、石段が続きます。

石段が結構大変だったので、足腰が悪い方は要注意です。

石段を登り終えると、立派な鳥居があります。

榴岡天満宮の鳥居

鳥居をくぐると社殿が見えてきます。

左側には歌碑がいくつか建っていました。

周囲にはマンションがたくさんあり、仙台の街中にあることがわかります。

唐門と撫で牛

鳥居をくぐってまっすぐ進んでいくと、とても立派な唐門が見えてきます。

榴岡天満宮の唐門

唐門の右手には撫で牛がいます♪

榴岡天満宮の撫で牛

榴岡天満宮のご祭神である菅原道真公と縁の深い牛。

アイハナ
全国の天満宮・天神社には撫で牛が祀られています。

唐門をくぐると拝殿があります。

榴岡天満宮の拝殿

榴岡天満宮の拝殿は、とても立派な造りになっています。

榴岡天満宮の拝殿

東日本大震災によって被災し、修復工事を得て現在の姿になったようです。

拝殿の脇には、撫で牛が祀られていました。

榴岡天満宮の拝殿の牛

教え子が受験生だったので、榴岡天満宮で合格祈願をしました!

アイハナ
無事に難関大学に合格したという報告をもらいました♪おめでとう!

榴岡天満宮の御朱印

榴岡天満宮の御朱印

ここからは榴岡天満宮の御朱印について紹介していきます。

榴岡天満宮の御朱印のデザイン

榴岡天満宮の御朱印のデザインの種類は、通常の御朱印と期間限定の御朱印の2種類がありました。

今回は仙台七夕まつりの期間中だったので、7月7日から8月8日の期間限定御朱印をいただきました。

榴岡天満宮の限定御朱印

全国の天満宮で使用されている梅鉢紋と新古今和歌集に残されている、菅原道真公の和歌がデザインされています。

また、梅がデザインされた御朱印帳が3冊販売されていました。

御朱印帳は初穂料2000円で、御朱印込みだと2500円でした。

御朱印の受付場所や受付時間、初穂料についてまとめました。

榴岡天満宮の御朱印の受付場所

榴岡天満宮の御朱印の受付場所は、拝殿を右手に進んだところにある社務所です。

榴岡天満宮の御朱印授与所

御朱印の他に、合格絵馬やお守りもありました。

榴岡天満宮のおみくじは外にありました。

榴岡天満宮のおみくじ

榴岡天満宮の御朱印の受付時間

榴岡天満宮の御朱印の受付時間は、9時15分から16時45分でした。

事前にカバーを外し、揮毫する箇所を開いて出します。

榴岡天満宮の御朱印は直書きでした!

榴岡天満宮の御朱印の初穂料

榴岡天満宮の御朱印の初穂料は、通常御朱印と季節限定御朱印どちらも500円でした。

榴岡天満宮の見どころや御朱印情報まとめ

仙台駅から徒歩でアクセス可能な榴岡天満宮の見どころや御朱印情報を紹介しました!

榴岡天満宮は梅や桜も有名で、受験シーズンには多くの受験生で賑わいます。

今回仙台七夕まつり期間の限定御朱印をいただけてとても嬉しかったです♪限定御朱印の期間は年によって異なると思うので、公式ホームページなどにてご確認ください。

櫻丘大神宮で仙台の七夕まつり期間限定御朱印をいただいたブログ記事はこちら↓

関連記事

アイハナ 訪問ありがとうございます! 当ブログ管理人のアイハナ(@ai_ha_na)です♪ 本日2022年8月5日、七夕まつりの時期に仙台にある神社「櫻岡大神宮(さくらがおかだいじんぐう)」に行って[…]

櫻岡大神宮