ウィーンでザッハトルテを食べてみた!【カフェザッハー】

日本でも有名なチョコレートケーキ、ザッハトルテ

ザッハトルテ発祥の地はウィーンなんです!

ウィーンは、日本人観光客にも大人気の観光地ですよね。

アイハナ
ウィーンに行ったら、本場のザッハトルテを食べてみてはいかがですか?(#^^#)

今回はウィーンにあるザッハトルテ発祥の店、カフェザッハーでザッハトルテを食べてみた体験を紹介します!

ザッハトルテ発祥の地ウィーン

ウィーンはオーストリアの首都であり、音楽や芸術の都として知られています。

それだけでなく、実は世界でも屈指のスイーツが有名な地でもあります!

ウィーンの観光スポットはこちらで紹介しています↓

おすすめ記事

日本人にも大人気の観光地ウィーン。 ウィーンといえば、音楽や芸術の街として有名ですよね。 音楽や美術にはあまり興味がないという方でも、すべての人が楽しめるウィーンの観光地をご紹介します!   ウィーンとは?   ウィーンはオーストリアの首都[…]

ウィーンの地図はこちら。

ウィーンのスイーツ歴史

日本でも多くの人が知っているチョコレートケーキ、ザッハトルテとウィーンの関係はどのようなものでしょうか。

そもそもウィーンでスイーツが有名なのは、ハプスブルク家と関係があります。

ハプスブルク家には、当時いろんな国から様々なお菓子がやってきました。

それを当時高価なものだった砂糖などを使い、王室御用達のパティシエが進化させたそうです。

また、オーストリアには美しい観光地のチロル地方や酪農のさかんな地域があったゆえに乳製品(クリームやチーズ)を調達することができ、スイーツ文化が発展したそうです。

アイハナ
そんなスイーツ文化が発展したウィーンの代表的なケーキが、ザッハトルテです。

ザッハトルテは、1832年に当時まだ16歳の料理人のフランツ・ザッハーが考案したチョコレートケーキです。

日本にもザッハトルテはありますが、ウィーンのフランツ・ザッハーの考案したザッハトルテは、チョコレートのスポンジ層の合間にアプリコットジャムの層があることが特徴です!

ウィーンのザッハトルテ

ウィーンに来たら絶対に食べたい、本場のザッハトルテ

スイーツの本場ということもあり、ウィーンにはたくさんのコンディトライ(菓子店)があります。

アイハナ
今回紹介するお店は、ザッハトルテ発祥の店といわれている人気のカフェです!

ウィーン中心部にあるので、世界中の観光客に大人気ですよ。

ザッハトルテ発祥の店

今回紹介するのは私が実際に食べた、ザッハトルテ発祥の店ともいわれているホテルザッハー内にある「 カフェザッハー 」です。

ホテルザッハーは、先ほど紹介したフランツ・ザッハーの息子が開いたホテルなんです。

カフェザッハーへの行き方

カフェザッハーは、Karlsplatz駅から徒歩5分の場所にあります!

ウィーンの一番の繁華街であるケルントナー通りのすぐそばなので、観光ついでに行くのがいいと思います。

カフェザッハーの地図はこちら↓↓

カフェザッハーのザッハトルテ

カフェザッハーにつくと、お店の外まで行列ができていました!

それほど世界中からザッハトルテを食べに、このお店に来るということですね( ゚Д゚)

カフェザッハーの内部は赤と白、金で統一された高級感あふれる店内です。

もちろんザッハトルテを注文しました!

お値段は5.6€でした。

いざ実食!

なんというかすごく重い!!!

アイハナ
ずっしりしていて、日本で食べていたザッハトルテとは全然違う!

想像していたよりも甘くなく、チョコレートの味がずっしりしてました。

アプリコットジャムが挟まっているからなのか?

すご~くおいしかったです!

でも結構お腹にたまったので、夕飯は少ししか食べれませんでした(笑)

ウィーンのザッハトルテを食べに行こう

いかがだったでしょうか?今回はウィーンのザッハトルテ発祥の店で食べた本場のザッハトルテを紹介しました♪

今回紹介したのはウィーンのザッハトルテですが、ほかにもスイーツ大国オーストリアには魅力的なスイーツがたくさんあります☆

ザルツブルクにある、オーストリアの定番土産モーツァルト・クーゲル発祥の店FRUST(フュルスト)に行ってみた旅行記はこちら↓↓

あわせて読みたい

みなさんは甘いもの好きですか? 海外旅行の時は、現地のスイーツを食べられるカフェに立ち寄ることが多いです(#^^#) 今回の旅の舞台は、スイーツ天国オーストリア。 アイハナ 甘いもの好きな方に必見の記事です! ザルツブルクのカフ[…]