英語を話せない人は海外旅行できないの?【実体験を基に答えます】

「英語を話せないと海外旅行には行けない?」と思う方は多いでしょう。
ですが、英語を使う場面はあまりないため、英語ができない方でも海外旅行に行って観光や食事を楽しめます。

私が過去に海外旅行に行った際の体験をもとに、英語を話せなくても海外旅行を楽しめる理由をお伝えします。
また、英語を話せない方が最大限海外旅行を楽しむための対策も紹介します。

目次

【結論】英語を話せない・できない人でも海外旅行に行けます!

最初に結論を言うと、英語を話せない・読み書きができない方でも、海外旅行に行くことは可能です。
なぜなら、英語を使う機会・必要性があまりないことや、そもそも英語自体が世界中で通じるわけではないからです(詳しくは後述)。

実際、英語があまり得意ではない私でも、大きな問題なく海外旅行を楽しむことができました。
ここでは、英語をほとんど話せない私が、実際に海外旅行をした結果どうなったのかを紹介します。

なお、参考までに、ここで紹介する体験談の旅行時点における私の英語力は以下のとおりです。
ほとんど英語を使えないと言えるレベルですので、まったく英語を話せない・使いこなす自信がないという方に参考にしていただければと思います。

  • 聞くスキル:ネイティブの英語はまったく聞き取れない。第二言語として話される英語であれば、ゆっくり話される内容であればようやく聞き取れるレベル。
  • 話す・書くスキル:中学レベルの簡単な文法や単語を駆使して、最低限の意思を相手にカタコトで伝えられるレベル
  • 読むスキル:レストランのメニューや観光スポットの看板程度なら読めるレベル

パッケージツアーでヨーロッパや台湾、香港に行ってみた体験談

パッケージツアーとは、飛行機などの移動手段とホテルなどの宿泊、その他観光等がすべてセットになっている旅行です。
旅行会社がスケジュールや訪問する観光スポットなどを決めているため、申し込むだけで海外旅行を楽しめます。
パッケージツアーでは、ヨーロッパ(スイススペインなど)や台湾香港に行ったことがあります。

すべてのツアーでは、同行していた添乗員さんが観光スポットやレストラン、宿泊施設、空港等での手続きをすべて代行してくれました。
ほとんど英語を話さずに済んだため、英語をほとんど話せない私でも安心して海外旅行を満喫できました。

関連記事

海外旅行の手段には、パッケージツアーと個人手配の2種類があり、それぞれメリットとデメリットは異なります。 また、旅行スタイルなどの要因によって、どちらの手段がお得になるかは変わってきます。 パッケージツアーと個人手配それぞれのメリッ[…]

パッケージツアーと個人手配の比較

個人手配で中欧6カ国を1ヶ月かけて周遊した時の体験談

個人手配(個人旅行)とは、旅行前の準備から旅行中の手続きまでをすべて自分で行う旅行の形式です。
添乗員や他のツアー客はいないため、すべての観光を自分(と同行している人)のみで行います。

個人では、1ヶ月かけて中欧6カ国(ハンガリーオーストリアスロバキアスロベニアクロアチアモンテネグロ)を周遊したことがあります。

パッケージツアーとは異なり英語を話せる添乗員さんが同行しないため、レストランの会計や宿泊施設での手続きなどをすべて自分で行う必要があります。
そのため、旅行の出発前は「あまり英語を話せないのに行っても大丈夫かな?」と不安でした。

しかし、実際に行ってみると、大きなトラブルはなく1ヶ月の周遊旅行を終えることができました。
もちろん、各国の観光地(ブダ城ブレッド湖など)への移動や買い物なども楽しめました!

ただし、小さなトラブル(Airbnbで借りた部屋が見つからないなど)の際には、英語で円滑にコミュニケーションをとれずに苦労しました。
また、現地の人とお話しする機会が何回かありましたが、英語で伝えたいことをスムーズに伝えることができずに、もどかしい思いをしたことも何度かありました。

とはいえ、観光やレストランでの食事などを楽しむだけであれば、英語を話せなくても満喫できました!

関連記事

アイハナ 訪問ありがとうございます! アイハナ(@ai_ha_na)です! ヨーロッパを1か月エアビーで寝泊まりしながら、観光してみた体験を旅行記にすることにしました! [the_ad id=[…]

ヨーロッパ横断旅1日目

英語を話せない・できない人でも海外旅行に行ける理由

私の実体験からわかるように、英語を話せない・できない方でも海外旅行に行き、観光や食事などを楽しむことは十分に可能です。
パッケージツアーならばもちろんのこと、個人や一人旅で行く海外旅行でも問題ないでしょう。

英語を話せない方でも海外旅行に行ける理由としては、以下の4点を挙げられます。

  1. 観光のみであれば高い英語力は必要ない
  2. 英語が必要となる場面は少ない
  3. 英語が通じない国が多い
  4. 言語の壁があっても、伝える熱意があればある程度何とかなる

では、それぞれの理由をくわしく見ていきましょう。

観光のみであれば高い英語力は必要ない

観光がメインの一般的な海外旅行の場合、そこまで高い英語力は必要ありません。
たとえば買い物の際に値段を聞きたい場合は、商品を指差しながら”How mach”と言えば通じるでしょう。
目的の観光地の場所を知りたい場合は、観光地の画像やマップを指差しながら”Where”と言えば教えてもらえます。

他にも、返答で使う単語(yesとno)や、数字(one、twoなど)などの簡単な単語さえ知っていれば、最低限の意思疎通は図れます。
単語に加えて、小学校〜中学校で習うレベルの文法を知っていれば、より問題ないでしょう。

英語が必要となる場面は少ない

そもそも、海外旅行で英語が必要となる場面はあまり多くありません。

具体的に英語が必要となる場面は、入国前の審査やホテルのチェックイン、レストラン、お土産店、観光スポットの受付くらいでしょう。
こうした場面で英語が必要となった場合も、1〜2往復の簡単な会話で終わるため心配はありません。

同行している家族との会話が大半なので、英会話ができずに観光や食事に大きな支障が生じる心配はありません。

英語の通じない国が多い

多くの人は”英語は世界中で幅広く使われている”という認識を持っていますが、世界における英語話者の人口は約15億人に留まります。(※1)
世界の総人口は約79.5億人(※2)であるため、英語を話せる人は全世界の約19%しかいません。

つまり、世界には英語を話せない人の方が多いのです。
やや語弊があるかもしれませんが、英語の通じない国や地域の方が多いといっても過言ではないため、英語を話せるからといって海外旅行を円滑に行えるとは限らないのです。

実際に私が過去に海外旅行した際にも、英語が通じずに苦労した経験があります。
たとえばフランスのエズ村という場所では、買い物する際に現地の人に英語が通じなかったため、結局はボディランゲージのみでお会計をすることとなりました。
他にも、中国やスペインなどの主要国でも、山岳部などの地方に行けば、英語が通じない可能性が高いでしょう。

以上のとおり、そもそも英語を流暢に話せない人の方が世界には多いので、”英語ができないと海外旅行できない”という不安を持つ必要はありません。

言語の壁があっても、伝える熱意があればある程度何とかなる

英語や現地の言葉を話せない場合でも、伝える熱意があれば何とかなることがほとんどです。

たとえば買い物であれば、欲しいものを笑顔で指差せば「買いたい」という気持ちは店員さんに伝わります。
また、道に迷った際は、マップを見せながら目的地を指差せば、「どこに行きたいか」が相手に伝わるため、何かを英語で話さなくても目的地への道順を教えてもらえます。

実際、流暢に英語を話せなくても、ボディランゲージと熱意だけでコミュニケーションが上手くいった経験はたくさんあります。

海外旅行を楽しみたい方は、英語を話すことと同等かそれ以上に、熱意を持ってコミュニケーションを図ることを重視しましょう。

※1 世界の英語人口15億|日本も急増中!英語を習得すべき8つの理由 ー THE ENGLISH CLUB
※2 世界の統計 2022 ー 総務省統計局

英語を話せない・できない人が海外旅行する際の注意点

ここまで紹介したように、英語を話せない・読み書きができない方でも、海外旅行に行くことは可能です。
ただし、観光や食事などを最低限楽しむことは可能ですが、英語を話せない方が海外旅行する際には下記の2点に注意が必要です。

  1. 英語ができないと突然のトラブルに対処するのが難しい
  2. 英語を話せないと現地の人と楽しくコミュニケーションをとることが難しい

つまり、英語を話せない・読み書きができないと、突然のトラブルに対応できなかったり、現地人とのコミュニケーションを円滑に行えなかったりする可能性が高いのです。
以下では、それぞれの注意点をくわしく解説します。

英語ができないと突然のトラブルに対処するのが難しい

海外旅行では、予想していなかった突発的なトラブルに巻き込まれることが多々あります。
具体的には、ロストバゲージや飛行機のキャンセル、荷物の盗難、病気などが考えられます。

こうしたトラブルに巻き込まれた場合は、空港の係員や警察、病院、ホテルスタッフといった現地の人に助けを求める必要が出てきます。
ですが、英語を話せないと現地の人にトラブルの内容やして欲しいことを伝えることができないため、トラブルの対処が難しくなります。

また、観光やお買い物などと比べて、トラブルの対処を求める際に話す・聞く英語のレベルは圧倒的に高いため、ちょっとした英語を話せるだけでは対応できない可能性があります。
実際に私も過去の海外旅行で、十分な英語力がないことが原因でトラブルの内容を上手く説明できずに苦労した経験があります。

英語を話せないと外国人と楽しくコミュニケーションをとることが難しい

現地に住んでいる外国人や、その土地に旅行やバカンスで訪れている外国人と会話することは、海外旅行における楽しみの1つと言っても過言ではありません。
価値観が違う外国人と話したり、現地の観光や食事などについて教えてもらったりすることは、非常に新鮮で良い刺激になります。

ですが、英語を話すことができないと、外国人と楽しくコミュニケーションをとることは難しいです。
そもそも、双方の間に言葉の壁ができてしまうため、会話を続けることはほぼ無理と言えます。

私の経験でも、海外旅行先のレストランやお土産店で店員さんに英語で話しかけられた時に、上手く言いたいことを英語で表現できずにコミュニケーションが途絶えてしまって悲しくなったことが何回もあります。
反対に、英語でなんとか会話できたことで、現地の人と楽しく会話できた経験も少なくありません。

英語を話せなくても観光や食事などの最低限のことは楽しめますが、より海外旅行を楽しむ上で英語は不可欠と言えるでしょう。

英語を話せない・できない人が海外旅行を最大限楽しむための対策

英語を話せなくても海外旅行に行くことは可能ですが、トラブル対応やコミュニケーションの点で注意が必要です。
こうした注意点を気にせず、海外旅行を最大限楽しむためには以下5つの対策が効果的です。

  1. 添乗員が同行するパッケージツアーを利用する
  2. あらかじめ入念に情報収集してトラブルを回避する
  3. 翻訳アプリ・翻訳機を使う
  4. 事前によく使うフレーズを覚える
  5. あらかじめ英語を習得する

ストレスなく海外旅行したい方や、せっかく行くなら海外旅行を最大限楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

添乗員が同行するパッケージツアーを利用する

英語が堪能な添乗員さんが同行するパッケージツアーに参加すれば、観光や食事などの手続きはもちろん、万が一のトラブルもすべて添乗員さんが代わりに行ってくれます。
そのため、まったく英語を話せなくても海外旅行で苦労する心配はなくなります。

実際、過去に参加したパッケージツアーでは”飛行機のキャンセル”というトラブルに巻き込まれましたが、添乗員さんがその後の対応をすべて英語で行ってくれました。
英語でスラスラ会話する必要があったため、英語を上手に話せない私では対処しきれなかったと思います。

また、観光スポットの説明をすべて日本語で行ってくれる点や、困った時に日本語で相談・質問できる点もパッケージツアーの魅力です。

現地でのチケット購入やレストランでの注文、トラブル対応などで苦労したくない方には、添乗員さんが同行するパッケージツアーを利用して海外旅行するのが非常におすすめです。

たとえば日本旅行には、経験豊富な添乗員が同行する海外旅行のツアーが多数用意されています。
ヨーロッパを例に挙げると、一度に”ローマ”や”ミラノ”、”フィレンツェ”などの有名観光地を周遊してくれるパッケージツアーなどがあります。
ヨーロッパ以外にも、アジアやオーストラリア、ビーチリゾート(ハワイなど)も多数用意されているため、ご自身が行きたい国のツアーを見つけられるでしょう。

あらかじめ入念に情報収集してトラブルを回避する

以下に挙げた情報を事前に調べておくことで、入国手続きや海外旅行中の観光・宿泊などをスムーズに行えます。
また、トラブルを事前に回避しやすくなります。

  • 入国審査手続きの内容や注意点
  • 現地の交通手段(値段や乗り方、運行情報など)
  • レストランや観光スポット、宿泊施設に関する情報(行き方、値段、所要時間など)
  • 治安が悪いスポット、現地で多い犯罪の内容
  • 主要なトラブル(盗難など)に対応する方法
  • トラブルに遭遇した際の連絡先

ガイドブックで情報収集する方がメインかと思いますが、SNSや旅行ブログを参考にするのもおすすめです。
SNSを活用すれば、ガイドブックに掲載されていない最新情報を知ることができます。
旅行ブログを参考にすれば、実際にその国に旅行した人から生の情報を得ることが可能です。

翻訳アプリ・翻訳機を使う

英語を話せない方にとって強力な武器となるのが翻訳アプリ・翻訳機です。

翻訳アプリや翻訳機を使えば、日本語で話した内容を英語で伝えたり、英語で話された内容を日本語で聞き取ることが可能です。
そのため、現地の人と楽しく会話したり、トラブルの際でも難しい会話をスムーズに行ったりできます。
個人的には、無料の翻訳アプリ(Google翻訳など)はやや翻訳の精度が低いため、翻訳機を利用するのがおすすめです。

翻訳機には色々なものがありますが、ポケトークが特におすすめです。

ポケトークは70種類もの言語に対応している上に、ネイティブの語学講師も認める高い翻訳精度を誇ります。
また、ボタンを押して話すだけで、短い時間ですぐに翻訳してくれるため操作も簡単です。
そのため、ポケトークが1台あるだけで、英語圏以外のあらゆる国で円滑なコミュニケーションを実現できます。

加えて、カメラをかざすだけで外国語の文章を日本語に翻訳できる機能も搭載されているので、レストランのメニューや観光スポットの説明書きも理解した上で読めます。

購入価格は9,900円からとやや高いですが、これ一台で外国人との楽しい会話や、現地でのトラブル対応などをすべて実現できるため、長期的に見るとお得だと思います。

事前によく使うフレーズを覚える

先ほどお伝えしたとおり、海外旅行で英語を使う場面は限られています。
また、突発的なトラブルを除き、話すフレーズも限られています。

したがって、あらかじめ事前によく使うフレーズを覚えていけば、ある程度の英会話には対応できるのです。

たとえば、場所を尋ねる際には、” Where is〜”という表現だけ覚えておけば問題ありません。
例)駅はどこですか?:”Where is the train station?”

また、レストランでおすすめの料理を聞きたい場合は、”What is your recommendations?”で通じるでしょう。

ちなみに私は、”自分ツッコミくまの のんびりシンプル旅行英会話”という本で、海外旅行でよく使うフレーズを勉強しています。
かわしいイラスト付きで実際に役立つフレーズが紹介されているので、楽しく勉強できます。

時間に余裕があるなら英語を習得するのもおすすめ

海外旅行までの時間に余裕がある方であれば、英会話スクールなどに通って、本格的に英語を習得するのもおすすめです。

英語を話せるようになるまでには膨大な勉強量や時間がかかるものの、習得すれば海外旅行で困ることはほぼ無くなる上に、外国人と仲良くなれる可能性も高まります。
また、英語ができれば収入アップやキャリアアップにも役立つでしょう。

費用や時間がかかるのはデメリットですが、英語を覚えるメリットは多いので検討してみてはいかがでしょうか?

英語を話せない人におすすめの1人旅・海外旅行の国ランキング

最後に、英語を話せない方におすすめの1人旅・海外旅行の国をランキング形式で紹介します。
ランクインの理由もくわしく紹介するので、海外旅行先の参考としていただけますと幸いです。

第1位:台湾・韓国・タイ・シンガポール・フィリピン

英語を話せない人に一番おすすめなのは、下記の5カ国です。

  • 台湾
  • 韓国
  • タイ
  • シンガポール
  • フィリピン

各国に共通する最大の理由は、日本人観光客が多いため、日本語のメニューや案内が多いことや、日本語でも通じる場面が多いことです。
観光や食事の場面で日本語を使える場合が比較的多いため、英語を話せない方でも海外旅行を楽しめるでしょう。
また、日本人観光客に慣れているため、文法や単語が多少間違っていても頑張って理解してもらえることも多いです。

特に台湾やタイは親日家の人が多いと言われているため、フレンドリーな態度で接してもらえることが多い点も魅力の1つです。
実際に台湾には何度か行ったことがありますが、フレンドリーな方が多かったので、海外旅行に行ったことがない方にも非常におすすめです。

第2位:ハワイ・グアム

2番目におすすめなのは、ハワイとグアムです。

こちらの2カ国をおすすめする理由も、第1位の5カ国と同様に「日本人観光客が多いこと」です。
日本語メニュー・案内が準備されていたり、日本語が通じる場面が多かったりするため、英語を話せない方でも海外旅行を楽しめます。
また、現地に在住している日本人が店員などを行っている場所も少なくないため、そうしたお店を優先的に選べば苦労しないでしょう。

第3位:ヨーロッパの一部(イタリア、フランスなど)

3番目におすすめなのは、イタリアやフランス、スペインといったヨーロッパの一部です。

「英語を話せないとヨーロッパは厳しいのでは?」と思う方も多いでしょう。
ですが、ヨーロッパの中でも観光客が多い国や地域であれば、現地の人が非英語圏の観光客に慣れている傾向があります。
そのため、文法や発音が多少間違っていても現地の人が頑張って理解してくれることが多いです。

実際に私がヨーロッパに旅行した際も、つたない英語でも買い物や食事などの際に、店員さんと大きな問題なくコミュニケーションをとることができました。

また、現地の人も第二言語として英語を話すため、アメリカやイギリスの人が話す英語と比べて、ゆっくりで発音も聞き取りやすい傾向がありました。

ただし、日本語はほとんど通じない上に、地域や人によっては英語も通じない可能性がある点には注意してください。
より安心してヨーロッパ旅行を楽しみたいならば、添乗員付きのツアーに参加した方が確実でしょう。

まとめ

英語を使う場面は限られるため、英語を話せない方でも海外旅行で観光や食事を楽しむことは十分可能です。
ただし、突発的なトラブルに対応したり、現地の人と楽しい会話をしたりするには、ある程度の英会話力は必要となります。

観光や食事などを最低限楽しめれば良いという方は、添乗員付きのパッケージツアーに参加することがおすすめです。
一方で本格的に海外旅行を満喫したい方には、英語をしっかり学ぶ、もしくは翻訳機を持っていくことをおすすめします。

関連記事

海外旅行の必需品と便利な持ち物を50個紹介します! たとえば、機内では耳栓、旅行先ではSimカードがあると非常に便利です。また、クレジットカードや海外旅行の保険証は必需品となります。一方で、実際に持っていて不要だと思った持ち物もありま[…]

海外旅行に便利な持ち物50選